市場規模100兆のブルーオーシャン
「においビジネス」における革新的なサービスが登場

日本初!IoTにおいセンサ「OBRE(オブレ)」の

サブスクリプション・サービスを開始

2021年6月~ 提供開始

 株式会社レボーン(以下、REVORN、本社:東京都渋谷区、代表取締役 :松岡広明)は、『香りを定義し、新しい世界へ導く』ことを目指し、においビジネスの拡大に必要不可欠とされる“においのインフラ構築”を図る目的も兼ねて、日本初¹のIoTにおいセンサ「OBRE(オブレ)」のサブスクリプション・サービスを2021年6月から開始します。これにより、センサの導入コストを抑え、今まで“におい”に対して課題を感じながらも、「においソリューション」の導入に踏み込めなかった企業や団体に加え、これから“におい”に関連する新たなビジネスの構築を目指しているみなさまへ、より気軽に参入いただける体制を整備し、におい業界の発展に寄与したいと考えています。また、サブスクリプション形式をとることで、常に最新モデルでのセンサ利用が可能なこともメリットとして挙げられます。

■IoTにおいセンサ「OBRE(オブレ)」とは
 

 独自開発のIoTにおいセンサ「OBRE」は、においを特定の物質単位でなく、全体としてとらえることのできるにおいセンサです。静置モード、吸引モード(吸引する際は測定用のノズルを使用)を搭載しており、様々なシーンでにおいを測定することができます。

 本センサは、対象のにおいを瞬時に分析・データ化したのち、独自開発のにおいデータ活用プラットフォーム「iinioi® cloud(イイニオイ クラウド)」に自動送信するため、より簡易でスピーディな対象のにおいデータの一元収集・管理が可能です。「iinioi® cloud」では、転送されたデータを用いてにおいデータの可視化を行ったり、AIににおいデータを学習させ、判定を行うことが可能です。