においセンサーのご利用にお困りの方

​ご支援概要

『においのデジタル化』が実現された際の市場規模の大きさは誰もが知るところであり、その実現ツールとして高い注目を集める『においセンサー』。

しかしにおいセンサーの構造は複雑で、従来においセンサーとして使われてきたガスセンサーと比較にならないほどの高い応用性が期待できるというメリットがある一方、情報を適切に処理するためには高い解析技術が必要となる。

センサー製造企業では、感度の高いセンサーが提供物となる場合が多いため、ユーザーの利用シーンを考慮したソリューションに向けての各種サポートは行われていないケースが散見される。

​よくあるご相談内容

センサーでにおいがうまく測定できない。

複数のにおいサンプルがうまく見分けられているか確認したい。

センサーデータの解析ができずに困っている。

においセンサーの使い方がよく分からない。

においデータで機械学習をしたい。

etc...

​ご提案メニュー

測定したい対象や、現状課題についてヒアリング

ヒアリング内容を基に実験環境と測定方法を決定

サンプルとセンサーをお預かりし、測定を実施(ラボを想定)

手法および出力結果のレポーティング

手法に基づいた現地での取得サポート

レボーンセンサーとの測定比較の実験

所有しているにおいセンサー用解析システムの構築

etc...

コンサルティングの流れ(インフラ企業様の場合)

センサーコンサルのユースケース.jpg

​お問い合わせはこちらから